5度目のライブ、狼達と猫。

2016年9月5日(月)は、ArispiA 5度目のライブでしたほっしぃ

地元立川、バベル様からまさかのオファーがあったのが3月のこと。
YouTubeを聞いてくださった方からメールでお誘いいただくことはごく稀にあったけど、けっこう断ってしまっていた。
でもここはなんといっても地元だし、超ロックなイメージでカッコいいライブハウスだから是非ともやりたいな〜と思って。

やりたいな〜と思ったものの当時歌入りの曲は2曲しかなかったので、半年先に予定を組んでいただいた私の小心。

9/5は『フロアの狼達』というイベントでした月

一匹狼ばかり12組、私以外全員ギターで。
12組中10組が男の人。

フロアの狼達というネーミングにふさわしく、タバコすぱすぱ吸ってるようなワイルドめの狼たちがフロアにひしめいてて、ちょっ…と怖かったな(笑)

当日は、狼に負けてらんねーとか思って気張って猫Tシャツ着てったけど。。

完全に変な鍵盤弾きの猫が一匹紛れ込んじゃった感じ ( Ꙭ)

それにしても皆そろいもそろって声が、遠吠えみたいによくまぁ響くこと。

圧倒されっぱなしのあっという間の5時間。

一人目からもう全力で魂のこもった歌声が届いてきて、すごかった。

その中でもとりわけ届いてきたRIRIKOちゃんと田中雅紀さんのCDを衝動買いしてしまった私。
4曲入り200円とか7曲入り500円という価格設定は、思わず手が伸びてしまう…。

そんな低価格なのにクオリティはものすごいことになっていて、ちょっとびっくりするほど歌声がびんびんと心に響いてきた。

‥‥そういったこともあり、ライブを終えて私の頭に浮かんだ言葉は、、、きょ、『去就』の2文字?

もうね、去就問題に発展した。

この先の身の振り方考えないとなーって。

猛者たちに紛れ込んだ薄汚れた猫がか細い声で「にゃあ…」とかって歌ってても全然届かないの。
空気変えることなんて、できやしないの。

でも、そうやって悩んでたら、
『歌の主人公そのままに翼々として、それでも懸命に歌っている姿は、誰にもないアリスさんだけの魅力だと思います。 』
って言ってくださる方がいて、私はそのお言葉を心の宝箱にしまったわけだけど。

『翼々(よくよく)』って言葉知らなくて調べたら、字面は羽ばたいてそうなんだけど意味は『びくびくするさま』ってあって、すごい私にぴったりで気に入っちゃった。

うすうす感じてたけど、私の存在はライブハウスでどうも浮いている。
下手くそっていうのもあるけど、翼々と歌う人って、音楽やってる人であんまり見受けられない異質な存在だからかも。

負け猫的なコンセプトも、男の人ではたまにいるけど女の人だとほとんどいないんだよなぁ、なぜか。

でももしかしたら、翼々としながらも、それでも懸命に歌うことが誰かの心を動かすことだって、あるかもしれない。
他にあんまりいないぶん、どこかに需要はあるかもしれない。
‥って急に目の前が開けてきた。

自分でも単純だなーって思うけど、誰かが言ってくれた一言で、救われる心地のすることもあるもんだな。

もう少し、がんばってみようと思う。

下手だし若くもないし滑稽かもしれないけど、負け猫系シンガーソングライターとして、もう少し色々とあがいてみる。

もしかしてこの先「ライブ活動」という形ではなくなるかもしれないけれども。

ArispiAとして、音楽で、言葉で、何が伝えられるんだろう。

上手い下手をこえて、心に響くものって何なんだろう。

何かつかみかけてるような気が、今はまだしてるから、まだ、もう少し。

tachikawababel

ArispiA

2 2

4度目のライブ、理想のライブスタイル考。

2016年6月24日、ArispiA4度目のライブを荻窪ルースター・ノースサイドで行いました。

こちらのライブの経緯としましては。。

突然ツイッターで知らない人にフォローされて、メッセージで「アーティスト支援してます!ノルマなしのライブです!」っていう風に誘われて、それが一人ならまだしも何人かに誘われたものだから、私はちょっ…と、あやしいんじゃないか (なんか買わされるんじゃ…とか宗教の勧誘か…とか)って思って断っていたのだけど…

ある日、以前共演して交流のある素敵なピアノシンガーソングライターの方にも誘われて、どんだけテリトリー広いんだ!ってびっくりし、でもまぁ知っている信頼できる方が誘ってくれるのだから、と思って参加を決意しました。

ライブ2ヶ月前に遠くの喫茶店で面接まで行い…

出演が決定したものの、面接してくれた担当者の方が忙しいらしく全然日程の連絡が来なくて、2週間前になって違う人に担当がバトンタッチしてやっと連絡が来たんだけど…
ノルマはないけど現時点での集客人数を聞かれたり、集客努力するよう言われ…
とはいえ呼べる人がおらず…

本当申し訳ないのだけど、当時私生活でいろいろと忙しかったり疲れてて、ライブに向かうモチベーションが低下してて、結局前日の告知になってしまった。

ノルマなしでも集客のプレッシャーをかけられるくらいなら、最初から1万円くらいのノルマがあった方が気が楽なんだよなぁ…って思っちゃった。

そんな風に悶々としてたら、当日になっていきなり出演者が増えたとかで、トップバッターの自分の出演時間が25分早まる事態!

全部…私がいい加減で告知とかも怠って「今のところ集客0です…」とか言っちゃったからだなって思った。

当日は神みたいな人がサプライズで来てくれて私は驚くやら嬉しいやらで酔っ払ったし、終わってみればライブ企画自体はすごくちゃんとしてて、運営者様も出演者さんも皆良い人でよかったんだけど、反省するところの多い4度目のライブでした。。

集客って怖い。
まずもって自分の演奏に自信がないから、絶対に誰かに直接、来てくださいなんて言ったりできない。
断らられること無視されること前提で気軽に「来て〜♪」って言ったらいいのかもしれないけど、、私がそれを言われると断ることがなかなかできなくて悩んじゃうからな。

ファンでもない友達からお金と時間を頂いて自分の演奏を聞きに来てもらうって、よくよく考えるとものすごくナルシストというか自己中心的な発想なんじゃ?とかって考えてしまって‥‥
これじゃあがんばって音楽活動している人をも蔑視してるみたいで、自分のマイナス思考、嫌んなっちゃう……けどダメだ。
どうしてもそういう捉え方をしてしまう。

レストランの片隅で、お客さんもタダなら自分もノルマなしで出演し、食べながら聞いてくれるお客さんのために、ひっそりとピアノを演奏し時々歌う、それが理想のスタイルなんです。
欲を言えば、お一人様のちょっと寂しさを抱えたお客さんの集まるレストランがいいかも。
例えば仕事帰り、一人でテレビ見ながらコンビニ弁当に比べたら、誰かの心のこもった演奏を聞きながらが美味しいごはんが食べれるんなら、そして料金も食事代だけだったら、私だったら通っちゃうと思う。
楽しげにしゃべる人々の中でひとり寂しく食べるより、ほのかに灯るキャンドルライトの店内で静かに生演奏を聞きながらの夜ごはんは、心のスキマを埋めてくれると思う。

全員が注目しなくても、食べながらでもざわついてても、それでいい。
それが私の理想のライブスタイル。

でも、そういう場はどこにもない。
どこにもないんだよなぁ。

   

初オープンマイク、天国へようこそ。

ご無沙汰してます、アリスピアですほっしぃ

今9月ですけどね…去る6月に人生初のオープンマイクに参加してきました。

…え、もう3ヶ月前?

1年の4分の1、経っちゃったの( Ꙭ)?

恐ろしい…

この分だとあっという間に40になって、あっという間に69じゃない?

それでほどなくして何がなんだかわけがわからなくなっちゃうのかな?

形に残さないと形に残さないと。

人生あっという間にエンドロールだ。

+:.♯:.♪+.。*.+:.♯:.♪+.。*.+:.♯:.♪+.。*.+

ロックの日である6月9日に阿佐ヶ谷 ネクストサンデー、
6月22日に池袋 鈴ん小屋、
立て続けにオープンマイクに参加してきました。

★オープンマイクとは、特にアコースティック系のライブハウスが開催しているイベントで、参加費を払えば誰もがステージで1、2曲を演奏できるというもの。
ライブと違ってノルマがなく、予約なしで気軽にふらっと立ち寄れて、みんなに演奏を聴いてもらえ音楽好き同士が交流できるという、夢のようなイベントなのです。

『オープンマイク』、世間的な知名度はないんだろうな。
「先輩、今日オープンマイク寄ってきません?」みたいな会話は職場で聞かれないもんな。
私も音楽を通してツイッターで繋がった、なかそねみほさんとniroさんのラジオで初めて知った。
こういう場で修業し人前で演奏できる技量と度胸を得てからライブに臨むべきだったーって今にして思う。
もっと早く出会ってたらなー。
なにも、尋常じゃない緊張の中で人生初ライブを決行し、命をすり減らさなくてよかったんだ。。

さてさて、阿佐ヶ谷 ネクストサンデーも池袋 鈴ん小屋も、生ピアノが置いてあるライブハウスで、興奮しました。
特に阿佐ヶ谷ネクストサンデーは、スタンウェイのグランドピアノ!
ものすごいピアノの上手な人が弾きこなしてて、あまりにも情熱的な演奏で、感動してしまった…。

池袋 鈴ん小屋では、ツイッターで繋がっててツイッター上ではいっぱい話してるのにリアルでは会ったことがなかった音楽友達、niroさんと長沼ハピネスさんと初対面。
偶然にも3人とも白い服を着てて(笑)

後にもらった下の写真を見て、何気なく「『天国へようこそ』みたいな感じ」と言った私の言葉を拾ってくれて、老後に『天国』というバンドを組もうという話でひとしきり盛り上がったのでした(ネット上)。

『天国』っていうバンドが実際にあったら、ちょっと怖い感じもあって音楽性がすごく気になるところ…。

お迎えが来るまでに、何か残さないと何か残さないと。

まだ、天国には行きたくない。

ほっしぃ

makikura1 makikura2

   

3度目のライブ、そして卵。

前々回の日記でアグレッシブ宣言しておきながら、友達のウェディングボードを描いたり映画にうつつ抜かしてるうちにまた怠ってしまった。パソコンには何度も向かってキーボードを打っていたのだけど、もう全然文章まとまらなくて。あの感動を伝える文章に全然なってない、こんなんじゃだめだって思って、ずっと下書きのままでいた。
でもそうもしてらんない。どんどん新しい風が押し寄せてくる。
まとまらなくてもなんでも、一度書き始めた文章は校了させないといけない。

相変わらず鮮度を失って今頃のブログ更新となってしまったけど…去る5月11日、ArispiA3度目のライブを、2度目の会場と同じ下北沢ブレスで行いましたほっしぃ

3度目だからもう大丈夫だろうと思ったのに、やっぱり緊張してしまった。
むしろ2度目の時より緊張したかもしれない。
その理由は、初めての、生まれて初めての、お客さまが来たから。
なんとわずか一週間前にネットで知り合った人。

RO69JACKのサイトで私のことを偶然見つけ、『負け猫系』のキャッチコピーに惹かれて聞いてくださったそうだ。
RO69JACKの宣伝効果すごい。応募してよかったと心から思った。
と同時に、嬉しいのに軽いパニックに陥り、オロオロしてしまった。

その方はとても音楽好きで、ツイッターを見るといろんなアマチュアミュージシャンのライブに足繁く通っている様子がうかがえる。そんな耳の肥えた方に対して、チケット代2000円を払って聴く価値のある演奏を果たして私ができるのかどうか、どうしようと。

新曲の歌詞も覚えきれてなくて、直前に下北沢の街の奥まった所で小声でブツブツ呟いてたら通行人に「うわぁっ」って驚かれたりして。。

そんなこんなで、本番を終えた。

そこから先はシャンパンの栓が抜かれてシュワ〜ってなったみたいに楽しい時間が待ってた。

生まれて初めてチケットを買って来てくれたお客様「つきひな」さんを目の前にして、興奮して瞳孔を全開にして喋ってる自分がいた。

私の音楽をメモとかしてちゃんと聞いてくれて具体的に感想を言ってくださって、全然ダメダメだと思ってたのにすごい褒めてくれて、お願いしたらアドバイスも的確にしてくれて。
お互い猫を飼っているので、猫話にも花が咲いて。

ライブが終わった後、道端でもたくさん喋って楽しかったなぁ。

お客様がもし2組以上いたら、こんな風に時間を割いて喋ったりできないなぁって思っちゃった。

そして、つきひなさんは自転車に乗って颯爽と帰って行った。

驚いたことにつきひなさんは自転車便のメッセンジャーやっていた事もあるシュッとした自転車乗りさんで、ほとんどの都内のライブは自転車で行っちゃうって言ってて、え、なにそれすごい!!と羨望の眼差しで見てしまった。

寒くも暑くもない夜風の気持ちの5月の日で、今宵自転車で帰れたら素晴らしいなぁと思った。

自転車には並々ならぬ思い入れがあるのです。

思えば1年前、静岡から東京まで自転車で旅行して、ペダルをこいで風に吹かれて、そっからメロディーがあふれ出てきたんだ。
それまでは音楽活動するなんて夢にも思ってなかった。
予想外の展開で今に至っている。

いいなあ。自転車でまた知らない道を走りたいな。
知らない景色の中を、風を受けて走りたい。

つきひなさんから、卵型の透明なケースに入った、とってもかわいくて素敵なチョコレートをいただいた。
こういうの慣れてなくて、すごくびっくりして恐縮して、でもめちゃめちゃ嬉しかった。

私の今の音楽に対しての情熱は卵みたい。

今、全然…曲ができないし、書けない。

このままでは日常に埋もれてしまって、何も生み出さないまま年月が経ってしまいそう。

苦労して生み出したメロディーや言葉は、きっとキラキラしてんのに。
それは、わかってる。

『僕はくだらない人間だけど、僕の作る音楽はそうじゃない』って言ったモーツァルト。
私も同じ気持ちだ。

大切に温めて、殻をやぶりたい。

DSCF2079

 

   

RO69JACK、一次選考通過しました!

そういえば子供の頃、懸賞が好きだった。
小学生とか中学生の頃、せっせとハガキを書いてポストに投函してた。
映画の試写会とかコンサートに当たってよく行ってたな。

昔から何かに応募するのが好きみたい。
当たることなんてほとんどないけど、応募するという行為だけで、扉の鍵をひとつ開けたみたいにときめくのだ。

最近は東京オリンピックのエンブレムに応募しようと思って作ったんだけど、締め切りを忘れてて応募し損ねるという失態…。
1万4599点の応募総数を1万4600点にしたかったな。

東京オリンピックエンブレムダブル

音楽系では去年、ソニーミュージックの主催するソロアーティスト限定のオーディション『Bocchi(ボッチ)』を見つけて、ぼっちの私にうってつけなんじゃ?と思って応募した。
締め切り日の23時59分にサイトの応募ボタンを押したら、人が殺到してたみたいで30分くらいフリーズしたまま画面が動かなかった。。
その後無事応募は完了したけど、落選。

このとき応募曲にしたかったけど間に合わなかったぼっちソング『ひとりぼっちのディスティニー』という曲を、今度はロッキング・オン主催のアマチュアバンドコンテスト『RO69JACK』に出した。
そしてこれは!!なんと1次選考を通過したのです!

数日に分けてランダムな順番に発表されるということで、初日にドキドキしながらサイトを見たら8番目にもう猫が出てきて、ふぁあああああっ!!と驚いた。

応募総数はわからないけど最終的には621組も一次選考通過。
けどけど、うれしかった。

この『RO69JACK』、入賞したらロック・イン・ジャパンのフェスに出れるんだけど、そこは全然目指してなくて(出ろと言われたら逆に困る…)、私はこのページに載りたかった。
年2回開催されるこのコンテストをいつも見てて、このページのアーティストメッセージを書きたいと思ってた。
だから、かなり他のバンドの人たちからは浮く形で、いろいろぶっちゃけつつ無駄に気合いの入った文章を載せています。
負け猫を謳ってるんだから負け猫らしいメッセージを綴ろうと、思いきってさらけ出した。

なんというか、どでかいクリスマスツリーのオーナメントの一つになれた気分。
他のたくさんの美しい飾りに紛れて全然目立たないけど、ピカピカと光ってる。
照れくさいような誇らしいような気分。

http://jack.ro69.jp/contests/jack2016rijf/artists/33951

ArispiA

   

ラジオ、手に入る。

前々回のブログに私、ラジオがほしいって書いた。
そしたらほどなくそれが実現するというミラクルが起こった。

『まだ恋人になる前の男女の初々しい会話を聞けるラジオみたいなものがあったら、ほしいと思う。
耳元で小さなボリュームで流しながら眠りにつきたい。』
って。たしかに。

言ってみるもんだな。引き寄せた。
言霊はあるのかもしれない。

男女じゃないけど。女の子と女の子だけど。

2回目のライブで出会ったなかそねみほさんと、その音楽友達(になったばかり)のniroさん。
彼女たちは先月からニコニコ動画でラジオを配信し始めたという。
2人まだ一度しか会ったことないのに、いきなりniroさんからなかそねさんにラジオやりませんか?ってもちかけてきたそうで、「仲良くなることから始める」というコンセプトで始めたこの番組ほっしぃ

なかそねさんからラジオ始めたって聞いた時、私ったら、えっラジオって個人でできるの!?って驚いたんだけど、そういや今はそういう時代だった。
音楽でも映像でも、誰もが電波に乗せて発信できる時代。

それにしても2人岐阜と東京という遠距離でありながら、ラジオの中ではまるで隣にいて喋ってるみたいだからすごい。
自分もワープしてその場にいるみたいな感覚。

ラジオ聞くのすごく久しぶりだったけど、ラジオっていいなあって思った。
テレビと違って、会話を盗み聞きしてるかのような距離の近さっていうかな。
寝ながらとか掃除しながらとか気軽に聞けるくせに、心の隙間にじわじわ入り込んでくる感じが、なんだこれ!と、すごく新鮮だった。

「曲」じゃなくて「話」を残しておくっていう発想も、なかった。
でも需要はあるはずなんだ。
ちょっとでも気になる人がラジオやってたら、一度聞いてみたいって思うもん。
どんな風にしゃべるんだろうって興味わくもんな。

私は全くアドリブきかないから、しどろもどろの支離滅裂になるから、台本ガチガチに固めてやらないとラジオ難しいけど。
一度やってみたいなって思った。
『自分に影響を与えた音楽』っていうテーマで、いつか。熱く語ってみたい。

♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪

さてさて、音楽作る系女子によるガールズトークラジオ番組、『仲良くなることから始めるラジオ』 猫猫
現在4回目まで収録したとのことですonpu03

貼ってある第3回には、なななんと私のことが語られている箇所があります!

『アリスピア』って単語が数回にわたり登場し、嬉しいやら恥ずかしいやらで気を失いそうになった猫

ぜひ一度、聴いてみてほしいです ♪


1 1

魔法を実現させる勇気が欲しい

猫の日の翌日にして富士山の日である2月23日、下北沢BREATHで、ArispiA 2度目のライブを敢行しましたほっしぃ

前回は25分だったけど今回は40分。MCを多めに入れないと間が持たない。

ライブハウス通いをしていた静岡時代。
本当に上手い人はMCなんて一切なくてもいいけど、下手な人の場合、曲の合間にしゃべることで自分の中の点数がだいぶ甘くなるということを常々感じていた。
面白いかどうかより、人となりが分かる話を、その人なりのキャラクターを感じさせる喋り方でちゃんと話していると、いいなぁと思えた。
だから喋ろうと思って、喋ることを事前に用意して、いろいろと喋ったのでした。

自転車で静岡から上京したこととか、そんな情報いらないかな、引くかな、とすごく迷ったんだけど、思い切って言ってよかった。
自分を取りつくろってきれいなふりしないでよかった。
本来の、少し変な、無様で、滑稽で、でも懸命に生きてる、ありのままの自分を認めてくれた人から話しかけてもらえたから。

前回のファーストライブでは、一人の人に「おつかれさまです!」と言われた以外は、誰からも何も話しかけられないまま、終わった。
でも今回は、お客さんは一人も呼べなかったけど、共演者やお店の方が聞いてくれていた。

自分の演奏が終わり、プレッシャーから解き放されお酒を飲みながら、2番め「あおい」をソファーでうっとり聞いていたら、MCの時「あおい」のなかそねみほさんの口から「アリスピア」って単語が出てきて、不意打ちすぎて漫画みたいに飲み物を吹き出しそうになった。
公然の場で名指しで褒めてくれた。しかも「お世辞言わないタイプなんで」っていう殺し文句つき。
決して上手くはない私の演奏が誰かに何かしらの影響を与えたことに本当にびっくりした。

なかそねさんは私のことを「自分のために音楽をやっているんだなと思って」とも言っていた。
これにもとてもびっくりした。
誰かに何かを伝えたいような気持ちでこれまでやってきたけど、結局のところ、音楽をやってて一番いやされてるのは自分だったんだ。

やっと分かった。

9日間の自転車旅行で、何かが吹っ切れたみたいに楽しくて楽しくてワーーーーってなった頭の中をかけぬけてったメロディー。
それ以来突然音楽活動を始めて、私、その魔法がいまだにとけないでいるんだった。

魔法を実現させるには、何はなくとも勇気。
人生において必要なのは勇気。
ライブ数日前に読んだ江國香織のエッセイで、タイムリーにも勇気について書かれたものがあって、切実な思いで読み込んだのだった。

勇気は消耗品なのだ。
どんどん要るので、どんどん供給しなければならない。

勇気の供給には、いろんな方法がある。
本を読んだり、友達と会ったり、美味しいものを食べたり。
どれも勇気の湧くことだ。

私は勇気が欲しい。

その勇気を惜しげもなく消費できるように、幸福な瞬間をたくさんくぐり抜けて暮らすのだ。

ライブ前、前回ほどではないにしろ、3日前から1日前にかけてのプレッシャーがすごかった。
新曲も結局ギリギリでやっと完成する有様で、食欲はなく油断すると涙が出てきて、緊張が消える薬があったら手を出してしまいたいとまで思い詰めていた。
おまけに当日、頼みの満月は曇っていて見えなかった。
でも、プレッシャーのその先は、心照らされ、とても勇気をもらえた夜だった。

3番めの高田蒔さんの可愛い口からも「アリスピア」って単語がこぼれてきて、何かのデザートみたいに甘く響いたな。

ありがとう。うれしかったです。

KORG猫ArispiA