ピアノ弾き語り教室

これまで語ったことがなかったけれど、音楽活動を始めて1年半程の間、ピアノの作曲および弾き語りを習っていた。今日はそのことについて。

音楽の下地としては、母親が家でピアノ教室を開いていたため、幼少の頃から母親からピアノを習っていた。
加えて、5才の頃から2年くらい、ヤマハの子供音楽教室にも通っていた。
ヤマハは小学生になるとすぐ辞めてしまったし、お母さんに教えてもらう時も楽譜を読むのが苦手でうまく弾きこなせなかったので、いつもストレスを溜めてキーキー言っていたように思う。そして、よく一人でデタラメばかり弾いていた。

それが私の作曲の始まり。

それらのメロディーの断片は記録していなかったので、作品として残ることはなく、ほぼ全て消えてしまった。
でも、何もないところからいきなり弾けるようにはならないんだろうな。中学生の時も、高校生の時も、大人になってからも、飽きることなくいつもピアノに触れデタラメを弾いてきたからこそ、ある日突然、すっと作曲活動に入ることができたんだと思う。

そんなわけで、さかのぼること3年前、無職になったことをきっかけに2015年5月からYouTubeへオリジナル曲の投稿を始めたところ、8月にメールでライブ出演の打診があり、11月1日に人生初ライブにしていきなり世界的バンドコンテスト(笑。ドイツで決勝があった。)の予選出場が決まった。色々決めた後にえらいこっちゃと焦り出し、3ヶ月後の人生初ライブに向けて、近所の音楽教室の門を叩いのだった。。

作曲クラスとボーカルクラスとあったのだけど、弾き語りならボーカルクラスがいいでしょうと薦められ、女性講師のボーカルクラスへと。

ちなみに、静岡で7年間勤めた会社を辞めて東京に戻ってきて1年程、実家暮らしで全く働かないニートでした。Web制作の職業訓練校に通いながら失業保険をもらい、その後はヤフオクなどで小金を稼いだり庭でハーブや植物を育てたり、思う存分眠ったり、図書館通いに徹する日々。家族には特に文句を言われなかった。家庭の特殊性についてはのちに語るとして、今思えばずいぶん長い夏休みだったなぁ…。

隔週土曜日、自転車で30分かけて通うレッスンが、当時の私の一番情熱を傾けられる事柄だった。先生に作った曲を披露しなくてはいけない、その締め切りがあるがゆえ、校了させることのできた曲たち。「ほんとの涙」「ひとりぼっちのディスティニー」「言葉を交わしたこともなく」「うちに帰ろう」「かたっぽ」。。

ニートから抜け出しようやく映画館のバイトを始め、その半年後の一人暮らし開始を機に音楽教室を辞めて以降は、曲の断片だけがぷかぷかと頼りなくただようばかり、ちゃんとした完成品はひとつもできていない有様だ。

先生を介して出会った方々、ピアニストの谷川賢作さんや、広瀬俊之さん。

発表会では『うちに帰ろう』を広瀬俊之さんに超絶素敵にアレンジしてもらったピアノ伴奏で歌ったり。谷川賢作さん伴奏の合唱に誘われ、阿佐ヶ谷ジャズストリートに出演したり。憧れの詩人の谷川俊作さんと賢作さんの親子共演コンサートを見に行ったり。

 

先生は優しく熱心に指導してくれて、素敵な出来事やチャンスをたくさん授けてくださった。

でも、一人暮らしを始めたことで通うのが遠くなり、月に一万円の出費が惜しくなってきたのと、毎回先生のライブに誘われるのもだんだん苦痛になってきて。もしよかったらというスタンスでも、積もり積もると心の負担になってった…。
しかしまぁこれって音楽活動・創作活動の輪に入る上では避けて通れないことなんだろうなぁ。。

あと、マイクを使わせてもらえなかったのだけど、マイクでも練習したかった。(いつもライブでマイクをうまく扱えずオタオタしてしまっていたので)
合唱はとても素敵な経験だったけど、継続的してやっていくほどには情熱を持ち合わせていなかった。
ピアノの伴奏やコードのことが最後までよくわからず、右手でメロディーを弾いてしまう問題が解決しなかったため、もっとピアノに詳しい人の元で学びたくなった。

…色々と思うところがあったけど、辞めてからけっきょく何も行動を起こせず、ライブもやらなければ新曲も作れず、今に至るのであります。

殻を破って、行動を起こす。
それができずに、時が過ぎ。
なんで完成できないんだろう。
足らない。足らない。

いっこうに創作ができない一方で、最近は好きな文学作品の朗読にハマっています。
小川未明の「野ばら」
中原中也「月夜のボタン」「湖上」

湖上では、BGMにピアノ弾いてます。
YouTubeにあげているのでよかったら聞いてくださいほっしぃ

もっと研鑽を積んで、いつか銀河鉄道の夜にも挑戦したいなぁ。

 

6度目のライブ、後ろ向きのピアノ。

こんばんは、ArispiAですほっしぃ

今年度の目標はブログの月2回以上更新…というわけで、ずっと下書きのままだった昔の日記(何個もある)を完成させ、世に放っていきたいと思います(Ꙭ;)(過去にすがる性分なり…)

まずは1年以上時を巻き戻して2016年10月10日、新宿御苑RutoでのArispiA6度目のライブの模様から。ベース弾きの女性シンガーソングライターniro企画、その名も『生きて帰れ!』!

※niroちゃんとの馴れ初めについてはこちらの記事にて。
ラジオ、手に入る。
初オープンマイク、天国へようこそ。

+:.♯:.♪+.。*.+:.♯:.♪+.。*.+:.♯:.♪+.。*.+

『生きて帰れ!』タイムテーブル
18:00-18:30…ArispiA
18:40-19:10…池田のりあき
19:20-19:50…Racco-1000
20:00-20:30…vico(+松岡宮)
20:40-21:10…喉
21:20-21:50…niro with shila

私はトップバッターで、後ろ向きのピアノで演奏するという初の試みに挑むこととなった。

真後ろと聞いてたんだけど、行ってみたらななめ後ろくらいにピアノを移動してくださっていて、いい感じに。

ステージのど真ん中にシンセサイザーを置かれ、客席と真っ正面に対峙して歌うのがこれまでの常だったけど、緊張しまくって全く前が見れない私のような者にはむしろこの方が向いているようで、あまり緊張することなく演奏を始めることができた。

 

ところが。

本番中に別の問題が発生!
思わぬ非常事態に頭がまっしろになってしまった。

何曲目か忘れたけど、弾いているうちに椅子がどんどん後ろにずれていっちゃって、あともう少しで椅子から転げ落ちるところだったんです(Ꙭ;)

多分トークした時に中途半端に後ろに体をひねって話し、その流れで弾き始めちゃったからこのような危機的状況に陥ってしまったんでしょう。

あやうくとんだ笑い者になるところだった・・・危なかった。

姿勢を良くしたとたん床にダイブしそうだったので、猫背になってなんとか耐えてる図。

 

あ、あと、今日は後ろ向きで顔が見えないからと自分なりに考えた結果、手持ちの服の中では目立ちそうな赤いチェックの服を着て行ったんだけど、背景が赤いカーテンと赤茶色のピアノだったもんで見事にうもれ、垢抜けとは正反対、猫背も相まって遠目からだと巨大サツマイモに見えなくもない残念な結果となってしまった(Ꙭ;)
それに比べ、niroちゃんの衣装の素晴らしさときたら!

このアリス・イン・ワンダーランド的な深い水色のワンピースは赤い背景とも非常に良くマッチしていてなんともステージ映えする出で立ちだったので、夢中になってシャッターを切ったんだった。
niroちゃんのスタイルが良くて何着てもさまになるというのもあるけど、私もせめて衣装くらい素敵なものをまとわなくちゃなぁ、、と反省。。

niro with shilaも、静岡は藤枝出身ということで思わず打ち解けられたギターの女の子がクールな美形ボーイッシュですごいかっこよくて、曲の感じもこういうの何て言うんだろう、洋楽のような抑制の効いた3ピースのめちゃくちゃかっこいいロック。(音楽的ボキャブラリーに乏しくてすみません…(Ꙭ;))

 

さて、『生きて帰れ!』、この他にも主催のniroちゃんが集めたミュージシャンは皆さん、バラエティに富んだ個性的な面々だった。全ての詳細は割愛しますが、niroちゃんのブログを見るとこの日の様子がよく分かります👉https://ameblo.jp/n-i-r-o/archive3-201610.html

 

Raccoさんという、後に阿佐ヶ谷でのライブ企画に誘ってもらうことになるピアノや笛を用いたシンガーソングライターさんの番では、前衛的な客参加型パフォーマンスの一環でにろちゃんと一緒に即興で笛を吹いたり。

 

それから、自ら「魔王」と名乗る「喉(のど)」さん。自分とは真逆だけどコンセプトをガッチリ固めて音楽活動している方だったので、非常に興味深いものがあった。

目の周りを黒いアイラインで囲っていたりして、すごいオーラでちょっとビクついて話しかけられずにいたんだけど、帰り際におずおずと「あ、喉さん…今日はあ、ありがとうございました…」と話しかけたら、ファサァッと黒マントをひるがえしながらバーの椅子から颯爽と降り立ち、「ご縁があればまだどこかでお会いすることもあるでしょう。その日まで。」と、うろ覚えながらそのようなことを言い「フハハハハは」と地響きするような低音ボイスでほくそ笑んだのが、この日のフィナーレとしてやけに印象深く記憶されている。実際には喉さんは黒マントはつけてなかったのだけど、自分の目には黒マントが見えたのだ。

演じきっているな、と。私も負け猫を自称する以上、人々がくたびれた猫耳が見えると錯覚するくらいの存在になれればなと身震いしたんだった。

猫耳といえば、この日かわいすぎるハロウィン仕様の猫耳パッケージのチョコレートをいただきましてありがとうございました。。普段は日の目を見ることがないであろうカラスもカボチャもここではスターのオーラを醸し出していますね。

ArispiA

心のエンターキー

お久しぶりです。ArispiAですほっしぃ
このブログ、なにやら半年に1回更新の様相を呈してきましたね。。

頭にふわ〜っと書きたいことが常に浮かんではいたのですが、ここに向き合うとキーボードが打てなくなるという現象にずっとさいなまれていました。
渾身の文章を綴ろうという気負いが強すぎるのかもしれません。
ツイッターで140文字の小宇宙に思いの丈を投げ込む方が手軽で、そちらは気が向くとぽつぽつ呟いてたんですが。。。

 

2月某日、いよいよ抜き差しならない年齢に突入してきたわけで、今年の目標は「決まらなくても決めていく」。
エンターキーを押していくこととします。

一見穏やかなようでいて、ものすごい勢いで、時の河は流れて行く。

終着点に流れ着く前に、何度も何度もエンターキーを押し、浮き上がっていかないとと思うのです。それがたとえ思い描く完璧な姿じゃなくても。

 

2017年の年末、立ち退きのアパートから実家に出戻った。

同時に1年半つとめた映画館もやめた。

相変わらず腰が重くて焦燥感だけが募る。

けど、興味深い新しい友達の輪ができたりもしている。
それは、私が願って、タネを蒔き、そこに足を運んだ結果だと思う。
とても良い兆候だ。

興味のない話を興味津々なふりして聞くのは、もうやめる。

胸に手を当ててちゃんとワクワクの方角を見極めて、人がなんと言おうと、そっちに向かっていけるようになりたい。

的外れな生き方をしないように。

小さなことからひとつひとつ決めていこう。

 

+:.♯:.♪+.。*.+:.♯:.♪+.。*.+:.♯:.♪+.。*.+

 

アパート取り壊し直前、撮影を敢行。

うちにはもう帰れないという状況の中「うちに帰ろう」を弾きました。。

40年後について歌った曲なのですが、さぁてリアル40年後はどうなっているかな…

住む家とわずかな年金は確保してあるので野垂れ死ぬことはないと思うのだけど…(Ꙭ;)

5度目のライブ、狼達と猫。

2016年9月5日(月)は、ArispiA 5度目のライブでしたほっしぃ

地元立川、バベル様からまさかのオファーがあったのが3月のこと。
YouTubeを聞いてくださった方からメールでお誘いいただくことはごく稀にあったけど、けっこう断ってしまっていた。
でもここはなんといっても地元だし、超ロックなイメージでカッコいいライブハウスだから是非ともやりたいな〜と思って。

やりたいな〜と思ったものの当時歌入りの曲は2曲しかなかったので、半年先に予定を組んでいただいた私の小心。

9/5は『フロアの狼達』というイベントでした月

一匹狼ばかり12組、私以外全員ギターで。
12組中10組が男の人。

フロアの狼達というネーミングにふさわしく、タバコすぱすぱ吸ってるようなワイルドめの狼たちがフロアにひしめいてて、ちょっ…と怖かったな(笑)

当日は、狼に負けてらんねーとか思って気張って猫Tシャツ着てったけど。。

完全に変な鍵盤弾きの猫が一匹紛れ込んじゃった感じ ( Ꙭ)

それにしても皆そろいもそろって声が、遠吠えみたいによくまぁ響くこと。

圧倒されっぱなしのあっという間の5時間。

一人目からもう全力で魂のこもった歌声が届いてきて、すごかった。

その中でもとりわけ届いてきたRIRIKOちゃんと田中雅紀さんのCDを衝動買いしてしまった私。
4曲入り200円とか7曲入り500円という価格設定は、思わず手が伸びてしまう…。

そんな低価格なのにクオリティはものすごいことになっていて、ちょっとびっくりするほど歌声がびんびんと心に響いてきた。

‥‥そういったこともあり、ライブを終えて私の頭に浮かんだ言葉は、、、きょ、『去就』の2文字?

もうね、去就問題に発展した。

この先の身の振り方考えないとなーって。

猛者たちに紛れ込んだ薄汚れた猫がか細い声で「にゃあ…」とかって歌ってても全然届かないの。
空気変えることなんて、できやしないの。

でも、そうやって悩んでたら、
『歌の主人公そのままに翼々として、それでも懸命に歌っている姿は、誰にもないアリスさんだけの魅力だと思います。 』
って言ってくださる方がいて、私はそのお言葉を心の宝箱にしまったわけだけど。

『翼々(よくよく)』って言葉知らなくて調べたら、字面は羽ばたいてそうなんだけど意味は『びくびくするさま』ってあって、すごい私にぴったりで気に入っちゃった。

うすうす感じてたけど、私の存在はライブハウスでどうも浮いている。
下手くそっていうのもあるけど、翼々と歌う人って、音楽やってる人であんまり見受けられない異質な存在だからかも。

負け猫的なコンセプトも、男の人ではたまにいるけど女の人だとほとんどいないんだよなぁ、なぜか。

でももしかしたら、翼々としながらも、それでも懸命に歌うことが誰かの心を動かすことだって、あるかもしれない。
他にあんまりいないぶん、どこかに需要はあるかもしれない。
‥って急に目の前が開けてきた。

自分でも単純だなーって思うけど、誰かが言ってくれた一言で、救われる心地のすることもあるもんだな。

もう少し、がんばってみようと思う。

下手だし若くもないし滑稽かもしれないけど、負け猫系シンガーソングライターとして、もう少し色々とあがいてみる。

もしかしてこの先「ライブ活動」という形ではなくなるかもしれないけれども。

ArispiAとして、音楽で、言葉で、何が伝えられるんだろう。

上手い下手をこえて、心に響くものって何なんだろう。

何かつかみかけてるような気が、今はまだしてるから、まだ、もう少し。

tachikawababel

ArispiA

4度目のライブ、理想のライブスタイル考。

2016年6月24日、ArispiA4度目のライブを荻窪ルースター・ノースサイドで行いました。

こちらのライブの経緯としましては。。

突然ツイッターで知らない人にフォローされて、メッセージで「アーティスト支援してます!ノルマなしのライブです!」っていう風に誘われて、それが一人ならまだしも何人かに誘われたものだから、私はちょっ…と、あやしいんじゃないか (なんか買わされるんじゃ…とか宗教の勧誘か…とか)って思って断っていたのだけど…

ある日、以前共演して交流のある素敵なピアノシンガーソングライターの方にも誘われて、どんだけテリトリー広いんだ!ってびっくりし、でもまぁ知っている信頼できる方が誘ってくれるのだから、と思って参加を決意しました。

ライブ2ヶ月前に遠くの喫茶店で面接まで行い…

出演が決定したものの、面接してくれた担当者の方が忙しいらしく全然日程の連絡が来なくて、2週間前になって違う人に担当がバトンタッチしてやっと連絡が来たんだけど…
ノルマはないけど現時点での集客人数を聞かれたり、集客努力するよう言われ…
とはいえ呼べる人がおらず…

本当申し訳ないのだけど、当時私生活でいろいろと忙しかったり疲れてて、ライブに向かうモチベーションが低下してて、結局前日の告知になってしまった。

ノルマなしでも集客のプレッシャーをかけられるくらいなら、最初から1万円くらいのノルマがあった方が気が楽なんだよなぁ…って思っちゃった。

そんな風に悶々としてたら、当日になっていきなり出演者が増えたとかで、トップバッターの自分の出演時間が25分早まる事態!

全部…私がいい加減で告知とかも怠って「今のところ集客0です…」とか言っちゃったからだなって思った。

当日は神みたいな人がサプライズで来てくれて私は驚くやら嬉しいやらで酔っ払ったし、終わってみればライブ企画自体はすごくちゃんとしてて、運営者様も出演者さんも皆良い人でよかったんだけど、反省するところの多い4度目のライブでした。。

集客って怖い。
まずもって自分の演奏に自信がないから、絶対に誰かに直接、来てくださいなんて言ったりできない。
断らられること無視されること前提で気軽に「来て〜♪」って言ったらいいのかもしれないけど、、私がそれを言われると断ることがなかなかできなくて悩んじゃうからな。

ファンでもない友達からお金と時間を頂いて自分の演奏を聞きに来てもらうって、よくよく考えるとものすごくナルシストというか自己中心的な発想なんじゃ?とかって考えてしまって‥‥
これじゃあがんばって音楽活動している人をも蔑視してるみたいで、自分のマイナス思考、嫌んなっちゃう……けどダメだ。
どうしてもそういう捉え方をしてしまう。

レストランの片隅で、お客さんもタダなら自分もノルマなしで出演し、食べながら聞いてくれるお客さんのために、ひっそりとピアノを演奏し時々歌う、それが理想のスタイルなんです。
欲を言えば、お一人様のちょっと寂しさを抱えたお客さんの集まるレストランがいいかも。
例えば仕事帰り、一人でテレビ見ながらコンビニ弁当に比べたら、誰かの心のこもった演奏を聞きながらが美味しいごはんが食べれるんなら、そして料金も食事代だけだったら、私だったら通っちゃうと思う。
楽しげにしゃべる人々の中でひとり寂しく食べるより、ほのかに灯るキャンドルライトの店内で静かに生演奏を聞きながらの夜ごはんは、心のスキマを埋めてくれると思う。

全員が注目しなくても、食べながらでもざわついてても、それでいい。
それが私の理想のライブスタイル。

でも、そういう場はどこにもない。
どこにもないんだよなぁ。