アパートとピアノとアリスピア

ご無沙汰してましたほっしぃ
この半年の間に、ずいぶんとまた奇妙な境遇へと陥ってましたので、お話しようかと思います…。

2017年の年明けから一人暮らしを始め、4月に明かりがともり、そして6月、ついに念願のピアノをお迎えしたんですよね。

中古のYAMAHAアップライトピアノ、10万。

さーこれから!このピアノとともにここで暮らしてくんだーと期待に胸ふくらませていた矢先の大事件、聞いてください。

一通の手紙が投函されていて、開けてみると……

( Ꙭ) ‥‥‥

見た瞬間、「ちゃっちゃ〜らちゃ〜ん♪」っていう負け猫のテーマソングがね、流れてきたよね。(そんなのないけど)

 

漫画やドラマなんかでは、よくこういうシーンを目にしてたっけ。
退去通告の手紙を受け取って呆然とするも、そこからストーリーがあれよあれよと急展開していくっていうような。

だけんどまさか、自分の身にこれが起こるとはねーと思って、声出して笑っちゃった。

でもこういうことって、他のいくつかの場面でも起こるのかもな。

会社が倒産して明日から来なくていいよ、とか、レントゲン見ながら医者から病気の告知を受ける、そんな時「あ、これドラマみたい」ってどこか客観的に思っちゃったりするのかもしれない。
でもそう思うことで少しでもショックを軽減できるとしたら、ドラマや漫画は人の役に立ってるよなーなんて思うわけで。

それにしてももったいないな。アパート、築46年とはいえ、中はリフォームされていてとってもキレイなんです。エアコンもトイレもピカピカで、ウォシュレット付きのトイレなんて2015年製だよ。

奇遇なことに、お迎えしたピアノは47歳と、アパートとほぼ同い年。
かたや跡形もなく取り壊されて、かたやこれからも弾き継がれていく……人生色々だな、と。

私はとりあえず47歳まで健康に生きながらえて、たとえ独り身だったとしても幸せな気持ちで創作活動をしていきたいな、ArispiAとして。
なんて、ぼんやり思った。

 

アパートとピアノとアリスピアについて想いを馳せる夜。

…いやそんなのんきなこと言ってないで早く次の引っ越し先決めないとか(Ꙭ;)

 

3 3

明かりともる。

1月から一人暮らしを始め4ヶ月。ようやく、部屋に明かりがともった。

築45年の元和室の部屋の壁には電気のスイッチがついておらず、持ち込んだ照明器具のオンオフができなかったので、キッチンからの漏れ灯と小さな電球だけでこれまでしのいできた。
でもアマゾンで購入した1300円のリモコン操作用の機器を天井に取り付けることで、ようやく部屋全体が照らされたのだ。
しかも、シャンデリア。この古アパートには不相応なほど、ぱぁっと一気に華やいだ。
上を向くとちょうど頭の上で、キラキラキラキラ光ってる。

なんかインスピレーション降ってきそうだな、って思った。

ネットで見かけた文章で、『素質がある人は、ある時期、内から湧き出るものがある。それを文章化することによっていい作品が書ける。ある時期が過ぎてしまうと、内から湧き出るものが無いから、味気ない作品を書くようになる。それを才能の枯渇という。』というのがあった。

『内から湧き出るもの』がないのに、知識やテクニックだけで作品を作っても味気ないものになる、これは真実だなってすごく納得した。

ミュージシャンは若いある時期に名曲を次から次へと生み出すのに、歳をとると昔の曲を超えるものがなかなかできないのはなんでだろうっていつも思ってたけど、そういうことなんだなって。
若くて経験値が乏しくて荒削りでも、心に響くものを生み出せるのは、内から湧き出るものがあるから。

それがなくなるのはこわいよなぁ。
普通に幸せに生きる分には、そういう衝動っていうのは心の平穏を乱すもので、邪魔なものかもしれないけど。
音楽でも、小説でも、何かを生み出す人にとっては、なんとしても手に入れたいもの。

創作意欲。インスピレーション。

明かりがともったことで、キラキラキラキラ、降ってきてくんないかな。

IMG_1075ArispiA

4 4

山、桜、そして写真。

相変わらずタイムリーに行動できない。
ワンテンポどころか、スリーテンポくらいズレる。
春風のように軽やかに時流に乗って、新鮮な空気を送り届けたいんだけどなぁ。
生き鈍るよりは生き急ぐ方がよっぽどいいって、地震があったり病気になる夢を見て思った。
いつ時計が止まるかなんて分からないから、アグレッシブになる!

旬を過ぎて今頃、桜を見に行った日記を書きます。

+:.♯:.♪+.。*.+:.♯:.♪+.。*.+:.♯:.♪+.。*.+

近頃カメラブームが自分の中で再熱し、5年くらい前に買ってもうずっと放置してた愛機オリンパスPEN E-P2をぶら下げ、桜を撮りに近所の山に登ってきました。

近所にあるにも関わらず小学校の遠足でしか登ったことがなかった山。
自転車で10分のこの小さな山を、あなどってた。
相当美しくて良い山だったので、通うと決めた。

名は滝山といいます。
東京なんだよ!

滝山の桜 160406-2 160406-3 160406-4 160406-5 160406-6 160406-7 160406-8 160406-9 160406-10 160406-11 160406-12∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴

愛機PEN E-P2は、宮崎あおいちゃんが宣伝してた女子向けの白くて小さくておもちゃみたいなカメラだけど、アートフィルター機能があって、その中の『デイドリーム』と『ファンタジックフォーカス』を使うと好みの画が撮れるので多用してる。
儚げで白昼夢みたいだったり、ノスタルジック、センチメンタル、ドリーミー、そんな雰囲気が大好物で。
普通のパキッとした画では物足りないかもしれない。

思い出のワンシーンみたいに、現実よりも美しく見えるから写真は好きだ。

私はけっこう、映像にこだわりがあるんだなぁって思う。
めんどくさいけど、自分の中に理想形があって、それを追求せずにはいられない分野。
Photoshopや加工アプリなんかもすごい使ってしまうし、適当にできなくて、ついつい、時間を忘れてのめりこんでしまう。

好きなんだろうな。
忘れかけてたけど、大学は映像科と映画学科を志し、受験したんだっだ。
結果落ちて、妥協して違う道に行ったけど、やっぱ好きなんだろうな。

PV撮りたい。

160419猫とカメラArispiA

1 1