5度目のライブ、狼達と猫。

2016年9月5日(月)は、ArispiA 5度目のライブでしたほっしぃ

地元立川、バベル様からまさかのオファーがあったのが3月のこと。
YouTubeを聞いてくださった方からメールでお誘いいただくことはごく稀にあったけど、けっこう断ってしまっていた。
でもここはなんといっても地元だし、超ロックなイメージでカッコいいライブハウスだから是非ともやりたいな〜と思って。

やりたいな〜と思ったものの当時歌入りの曲は2曲しかなかったので、半年先に予定を組んでいただいた私の小心。

9/5は『フロアの狼達』というイベントでした月

一匹狼ばかり12組、私以外全員ギターで。
12組中10組が男の人。

フロアの狼達というネーミングにふさわしく、タバコすぱすぱ吸ってるようなワイルドめの狼たちがフロアにひしめいてて、ちょっ…と怖かったな(笑)

当日は、狼に負けてらんねーとか思って気張って猫Tシャツ着てったけど。。

完全に変な鍵盤弾きの猫が一匹紛れ込んじゃった感じ ( Ꙭ)

それにしても皆そろいもそろって声が、遠吠えみたいによくまぁ響くこと。

圧倒されっぱなしのあっという間の5時間。

一人目からもう全力で魂のこもった歌声が届いてきて、すごかった。

その中でもとりわけ届いてきたRIRIKOちゃんと田中雅紀さんのCDを衝動買いしてしまった私。
4曲入り200円とか7曲入り500円という価格設定は、思わず手が伸びてしまう…。

そんな低価格なのにクオリティはものすごいことになっていて、ちょっとびっくりするほど歌声がびんびんと心に響いてきた。

‥‥そういったこともあり、ライブを終えて私の頭に浮かんだ言葉は、、、きょ、『去就』の2文字?

もうね、去就問題に発展した。

この先の身の振り方考えないとなーって。

猛者たちに紛れ込んだ薄汚れた猫がか細い声で「にゃあ…」とかって歌ってても全然届かないの。
空気変えることなんて、できやしないの。

でも、そうやって悩んでたら、
『歌の主人公そのままに翼々として、それでも懸命に歌っている姿は、誰にもないアリスさんだけの魅力だと思います。 』
って言ってくださる方がいて、私はそのお言葉を心の宝箱にしまったわけだけど。

『翼々(よくよく)』って言葉知らなくて調べたら、字面は羽ばたいてそうなんだけど意味は『びくびくするさま』ってあって、すごい私にぴったりで気に入っちゃった。

うすうす感じてたけど、私の存在はライブハウスでどうも浮いている。
下手くそっていうのもあるけど、翼々と歌う人って、音楽やってる人であんまり見受けられない異質な存在だからかも。

負け猫的なコンセプトも、男の人ではたまにいるけど女の人だとほとんどいないんだよなぁ、なぜか。

でももしかしたら、翼々としながらも、それでも懸命に歌うことが誰かの心を動かすことだって、あるかもしれない。
他にあんまりいないぶん、どこかに需要はあるかもしれない。
‥って急に目の前が開けてきた。

自分でも単純だなーって思うけど、誰かが言ってくれた一言で、救われる心地のすることもあるもんだな。

もう少し、がんばってみようと思う。

下手だし若くもないし滑稽かもしれないけど、負け猫系シンガーソングライターとして、もう少し色々とあがいてみる。

もしかしてこの先「ライブ活動」という形ではなくなるかもしれないけれども。

ArispiAとして、音楽で、言葉で、何が伝えられるんだろう。

上手い下手をこえて、心に響くものって何なんだろう。

何かつかみかけてるような気が、今はまだしてるから、まだ、もう少し。

tachikawababel

ArispiA

4度目のライブ、理想のライブスタイル考。

2016年6月24日、ArispiA4度目のライブを荻窪ルースター・ノースサイドで行いました。

こちらのライブの経緯としましては。。

突然ツイッターで知らない人にフォローされて、メッセージで「アーティスト支援してます!ノルマなしのライブです!」っていう風に誘われて、それが一人ならまだしも何人かに誘われたものだから、私はちょっ…と、あやしいんじゃないか (なんか買わされるんじゃ…とか宗教の勧誘か…とか)って思って断っていたのだけど…

ある日、以前共演して交流のある素敵なピアノシンガーソングライターの方にも誘われて、どんだけテリトリー広いんだ!ってびっくりし、でもまぁ知っている信頼できる方が誘ってくれるのだから、と思って参加を決意しました。

ライブ2ヶ月前に遠くの喫茶店で面接まで行い…

出演が決定したものの、面接してくれた担当者の方が忙しいらしく全然日程の連絡が来なくて、2週間前になって違う人に担当がバトンタッチしてやっと連絡が来たんだけど…
ノルマはないけど現時点での集客人数を聞かれたり、集客努力するよう言われ…
とはいえ呼べる人がおらず…

本当申し訳ないのだけど、当時私生活でいろいろと忙しかったり疲れてて、ライブに向かうモチベーションが低下してて、結局前日の告知になってしまった。

ノルマなしでも集客のプレッシャーをかけられるくらいなら、最初から1万円くらいのノルマがあった方が気が楽なんだよなぁ…って思っちゃった。

そんな風に悶々としてたら、当日になっていきなり出演者が増えたとかで、トップバッターの自分の出演時間が25分早まる事態!

全部…私がいい加減で告知とかも怠って「今のところ集客0です…」とか言っちゃったからだなって思った。

当日は神みたいな人がサプライズで来てくれて私は驚くやら嬉しいやらで酔っ払ったし、終わってみればライブ企画自体はすごくちゃんとしてて、運営者様も出演者さんも皆良い人でよかったんだけど、反省するところの多い4度目のライブでした。。

集客って怖い。
まずもって自分の演奏に自信がないから、絶対に誰かに直接、来てくださいなんて言ったりできない。
断らられること無視されること前提で気軽に「来て〜♪」って言ったらいいのかもしれないけど、、私がそれを言われると断ることがなかなかできなくて悩んじゃうからな。

ファンでもない友達からお金と時間を頂いて自分の演奏を聞きに来てもらうって、よくよく考えるとものすごくナルシストというか自己中心的な発想なんじゃ?とかって考えてしまって‥‥
これじゃあがんばって音楽活動している人をも蔑視してるみたいで、自分のマイナス思考、嫌んなっちゃう……けどダメだ。
どうしてもそういう捉え方をしてしまう。

レストランの片隅で、お客さんもタダなら自分もノルマなしで出演し、食べながら聞いてくれるお客さんのために、ひっそりとピアノを演奏し時々歌う、それが理想のスタイルなんです。
欲を言えば、お一人様のちょっと寂しさを抱えたお客さんの集まるレストランがいいかも。
例えば仕事帰り、一人でテレビ見ながらコンビニ弁当に比べたら、誰かの心のこもった演奏を聞きながらが美味しいごはんが食べれるんなら、そして料金も食事代だけだったら、私だったら通っちゃうと思う。
楽しげにしゃべる人々の中でひとり寂しく食べるより、ほのかに灯るキャンドルライトの店内で静かに生演奏を聞きながらの夜ごはんは、心のスキマを埋めてくれると思う。

全員が注目しなくても、食べながらでもざわついてても、それでいい。
それが私の理想のライブスタイル。

でも、そういう場はどこにもない。
どこにもないんだよなぁ。

初オープンマイク、天国へようこそ。

ご無沙汰してます、アリスピアですほっしぃ

今9月ですけどね…去る6月に人生初のオープンマイクに参加してきました。

…え、もう3ヶ月前?

1年の4分の1、経っちゃったの( Ꙭ)?

恐ろしい…

この分だとあっという間に40になって、あっという間に69じゃない?

それでほどなくして何がなんだかわけがわからなくなっちゃうのかな?

形に残さないと形に残さないと。

人生あっという間にエンドロールだ。

+:.♯:.♪+.。*.+:.♯:.♪+.。*.+:.♯:.♪+.。*.+

ロックの日である6月9日に阿佐ヶ谷 ネクストサンデー、
6月22日に池袋 鈴ん小屋、
立て続けにオープンマイクに参加してきました。

★オープンマイクとは、特にアコースティック系のライブハウスが開催しているイベントで、参加費を払えば誰もがステージで1、2曲を演奏できるというもの。
ライブと違ってノルマがなく、予約なしで気軽にふらっと立ち寄れて、みんなに演奏を聴いてもらえ音楽好き同士が交流できるという、夢のようなイベントなのです。

『オープンマイク』、世間的な知名度はないんだろうな。
「先輩、今日オープンマイク寄ってきません?」みたいな会話は職場で聞かれないもんな。
私も音楽を通してツイッターで繋がった、なかそねみほさんとniroさんのラジオで初めて知った。
こういう場で修業し人前で演奏できる技量と度胸を得てからライブに臨むべきだったーって今にして思う。
もっと早く出会ってたらなー。
なにも、尋常じゃない緊張の中で人生初ライブを決行し、命をすり減らさなくてよかったんだ。。

さてさて、阿佐ヶ谷 ネクストサンデーも池袋 鈴ん小屋も、生ピアノが置いてあるライブハウスで、興奮しました。
特に阿佐ヶ谷ネクストサンデーは、スタンウェイのグランドピアノ!
ものすごいピアノの上手な人が弾きこなしてて、あまりにも情熱的な演奏で、感動してしまった…。

池袋 鈴ん小屋では、ツイッターで繋がっててツイッター上ではいっぱい話してるのにリアルでは会ったことがなかった音楽友達、niroさんと長沼ハピネスさんと初対面。
偶然にも3人とも白い服を着てて(笑)

後にもらった下の写真を見て、何気なく「『天国へようこそ』みたいな感じ」と言った私の言葉を拾ってくれて、老後に『天国』というバンドを組もうという話でひとしきり盛り上がったのでした(ネット上)。

『天国』っていうバンドが実際にあったら、ちょっと怖い感じもあって音楽性がすごく気になるところ…。

お迎えが来るまでに、何か残さないと何か残さないと。

まだ、天国には行きたくない。

ほっしぃ

makikura1 makikura2