心のエンターキー

お久しぶりです。ArispiAですほっしぃ
このブログ、なにやら半年に1回更新の様相を呈してきましたね。。

頭にふわ〜っと書きたいことが常に浮かんではいたのですが、ここに向き合うとキーボードが打てなくなるという現象にずっとさいなまれていました。
渾身の文章を綴ろうという気負いが強すぎるのかもしれません。
ツイッターで140文字の小宇宙に思いの丈を投げ込む方が手軽で、そちらは気が向くとぽつぽつ呟いてたんですが。。。

 

2月某日、いよいよ抜き差しならない年齢に突入してきたわけで、今年の目標は「決まらなくても決めていく」。
エンターキーを押していくこととします。

一見穏やかなようでいて、ものすごい勢いで、時の河は流れて行く。

終着点に流れ着く前に、何度も何度もエンターキーを押し、浮き上がっていかないとと思うのです。それがたとえ思い描く完璧な姿じゃなくても。

 

2017年の年末、立ち退きのアパートから実家に出戻った。

同時に1年半つとめた映画館もやめた。

相変わらず腰が重くて焦燥感だけが募る。

けど、興味深い新しい友達の輪ができたりもしている。
それは、私が願って、タネを蒔き、そこに足を運んだ結果だと思う。
とても良い兆候だ。

興味のない話を興味津々なふりして聞くのは、もうやめる。

胸に手を当ててちゃんとワクワクの方角を見極めて、人がなんと言おうと、そっちに向かっていけるようになりたい。

的外れな生き方をしないように。

小さなことからひとつひとつ決めていこう。

 

+:.♯:.♪+.。*.+:.♯:.♪+.。*.+:.♯:.♪+.。*.+

 

アパート取り壊し直前、撮影を敢行。

うちにはもう帰れないという状況の中「うちに帰ろう」を弾きました。。

40年後について歌った曲なのですが、さぁてリアル40年後はどうなっているかな…

住む家とわずかな年金は確保してあるので野垂れ死ぬことはないと思うのだけど…(Ꙭ;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。