ピアノ弾き語り教室

これまで語ったことがなかったけれど、音楽活動を始めて1年半程の間、ピアノの作曲および弾き語りを習っていた。今日はそのことについて。

音楽の下地としては、母親が家でピアノ教室を開いていたため、幼少の頃から母親からピアノを習っていた。
加えて、5才の頃から2年くらい、ヤマハの子供音楽教室にも通っていた。
ヤマハは小学生になるとすぐ辞めてしまったし、お母さんに教えてもらう時も楽譜を読むのが苦手でうまく弾きこなせなかったので、いつもストレスを溜めてキーキー言っていたように思う。そして、よく一人でデタラメばかり弾いていた。

それが私の作曲の始まり。

それらのメロディーの断片は記録していなかったので、作品として残ることはなく、ほぼ全て消えてしまった。
でも、何もないところからいきなり弾けるようにはならないんだろうな。中学生の時も、高校生の時も、大人になってからも、飽きることなくいつもピアノに触れデタラメを弾いてきたからこそ、ある日突然、すっと作曲活動に入ることができたんだと思う。

そんなわけで、さかのぼること3年前、無職になったことをきっかけに2015年5月からYouTubeへオリジナル曲の投稿を始めたところ、8月にメールでライブ出演の打診があり、11月1日に人生初ライブにしていきなり世界的バンドコンテスト(笑。ドイツで決勝があった。)の予選出場が決まった。色々決めた後にえらいこっちゃと焦り出し、3ヶ月後の人生初ライブに向けて、近所の音楽教室の門を叩いのだった。。

作曲クラスとボーカルクラスとあったのだけど、弾き語りならボーカルクラスがいいでしょうと薦められ、女性講師のボーカルクラスへと。

ちなみに、静岡で7年間勤めた会社を辞めて東京に戻ってきて1年程、実家暮らしで全く働かないニートでした。Web制作の職業訓練校に通いながら失業保険をもらい、その後はヤフオクなどで小金を稼いだり庭でハーブや植物を育てたり、思う存分眠ったり、図書館通いに徹する日々。家族には特に文句を言われなかった。家庭の特殊性についてはのちに語るとして、今思えばずいぶん長い夏休みだったなぁ…。

隔週土曜日、自転車で30分かけて通うレッスンが、当時の私の一番情熱を傾けられる事柄だった。先生に作った曲を披露しなくてはいけない、その締め切りがあるがゆえ、校了させることのできた曲たち。「ほんとの涙」「ひとりぼっちのディスティニー」「言葉を交わしたこともなく」「うちに帰ろう」「かたっぽ」。。

ニートから抜け出しようやく映画館のバイトを始め、その半年後の一人暮らし開始を機に音楽教室を辞めて以降は、曲の断片だけがぷかぷかと頼りなくただようばかり、ちゃんとした完成品はひとつもできていない有様だ。

先生を介して出会った方々、ピアニストの谷川賢作さんや、広瀬俊之さん。

発表会では『うちに帰ろう』を広瀬俊之さんに超絶素敵にアレンジしてもらったピアノ伴奏で歌ったり。谷川賢作さん伴奏の合唱に誘われ、阿佐ヶ谷ジャズストリートに出演したり。憧れの詩人の谷川俊作さんと賢作さんの親子共演コンサートを見に行ったり。

 

先生は優しく熱心に指導してくれて、素敵な出来事やチャンスをたくさん授けてくださった。

でも、一人暮らしを始めたことで通うのが遠くなり、月に一万円の出費が惜しくなってきたのと、毎回先生のライブに誘われるのもだんだん苦痛になってきて。もしよかったらというスタンスでも、積もり積もると心の負担になってった…。
しかしまぁこれって音楽活動・創作活動の輪に入る上では避けて通れないことなんだろうなぁ。。

あと、マイクを使わせてもらえなかったのだけど、マイクでも練習したかった。(いつもライブでマイクをうまく扱えずオタオタしてしまっていたので)
合唱はとても素敵な経験だったけど、継続的してやっていくほどには情熱を持ち合わせていなかった。
ピアノの伴奏やコードのことが最後までよくわからず、右手でメロディーを弾いてしまう問題が解決しなかったため、もっとピアノに詳しい人の元で学びたくなった。

…色々と思うところがあったけど、辞めてからけっきょく何も行動を起こせず、ライブもやらなければ新曲も作れず、今に至るのであります。

殻を破って、行動を起こす。
それができずに、時が過ぎ。
なんで完成できないんだろう。
足らない。足らない。

いっこうに創作ができない一方で、最近は好きな文学作品の朗読にハマっています。
小川未明の「野ばら」
中原中也「月夜のボタン」「湖上」

湖上では、BGMにピアノ弾いてます。
YouTubeにあげているのでよかったら聞いてくださいほっしぃ

もっと研鑽を積んで、いつか銀河鉄道の夜にも挑戦したいなぁ。

 

幸せになるのじゃ。

こんにちは、ArispiAですほっしぃ
5月にひと月ほど、とある山のお寺で住み込みのバイトをしてきました。

ある日ふと、住み込みでちょっと働いてみたいなぁと思い立って、自分は肉を食べないから精進料理を扱うお寺の宿坊がいいなと、ネットで引っかかったお寺に1ヶ月の短期の希望でメール送ったら、ちょうど人が抜けたところだったようで運良く雇ってもらえたので、バイトをお休みして、小さなキャリーケースひとつ持って清浄な空気の漂う山奥の僻地まで。

改めて思う。私には守るべきものが何もない代わり、身軽で、そして自由なんだと。

結果、思い切って行ってみて本当に良かった。

前回のブログで走馬灯について書いたけど、このわずか1ヶ月の間に、人生の最期の走馬灯で必ず流れるだろうなっていう経験をいっぱいさせてもらった。

まとまらないまま書き連ねていくと…

初めての寮生活、見習いお坊さんたちとの共同生活、だんだん足音だけで誰か分かるようになってきて、薄い壁越しに咳やらお経の声やら話し声が子守唄のように聞こえる夜の帳、夜空はびっくりするほど星がきれい。朝の5時半頃にお勤めに行くお坊さんたちの慌ただしい足音が聞こえて、夢うつつでがんばれって思いながら幸せな眠りを貪って。同僚に一人酒好きの人がいて、世界中を旅してる面白い人で、その人が中心になってわりと酒三昧の日々で、ある日私の部屋で賑やかに飲んでたら隣の部屋のお坊さんがキレる騒動があって自粛を余儀なくされたり、東京からはるばる友達が泊まりにきてくれたり、他にもあんなことやこんなことがあって。。。
自分の部屋の隣が祈りの間で、私もよく祈りに行ってて、そのおかげか色々あったけど、人との距離が近すぎて煩わしいこともあったけど、大体ずっと、幸せだった。

働いてる人は私を含め社会で生きていくのがちょっと難しそうな変な人ばかりで、お坊さんも訳ありか変わり者ばかりだったんだけど、それが個性的で面白くて、それでいてとっても純粋で。出会った人みんなそれぞれに愛おしいと思う瞬間があった。

もしかしてこれは、私が遠い過去に取りこぼしてきた青春というものに近いのではないかという気さえしていた。

 

そうして、あっという間にひと月が経って。

最後の日、「幸せになるのじゃ」と言ってくれた人がいた。心の病で何度か入院していると噂されていた人で、独特な言葉遣いをする。部屋には膨大な量のフィギュアやらドリームキャッチャーやら仏像やらの謎のコレクションが整然と並べてあって度肝を抜かれたけど、そういう自分の世界を追求していくところも愉快で、羨ましく思った。生真面目だけど、思いやりがあって、ユニークな人だった。

その時もさらっと「幸せになるのじゃ」って言ってきて、思いがけずそんな温かいボールを受け取って、語尾に笑っちゃった後、胸がきゅうっとした。今その言葉が何度も浮かんできてしまう。

私もさらっとそんなこと言える人になりたいんだな。

そんなわけで、夏に再び行くことにしたんです。
東京よりだいぶ涼しくて、ピアノも娯楽も何もない代わり清浄な空気が流れている場所。
東京の人混みに酔うたび、山での日々が恋しくなる。

走馬灯の頃にはまだ早いけれど。

「所詮、我々は自分で夢の間に製造した爆弾を思い思いに抱きながら、一人残らず、死という遠いところへ、談笑しつつ歩いて行くのではなかろうか」

時折ふと夏目漱石のこの言葉が思い出され、空恐ろしいような気持ちになるのです。

けど、談笑する相手がいれば人生の不安はずいぶん紛れる。
ネット上じゃなくて、隣で同じ空気を吸いながら談笑する相手。欲を言えば、穏やかな愛おしい気持ちで、信頼し心寄りそえる相手。

+:.♯:.♪+.。*.+:.♯:.♪+.。*.+:.♯:.♪+.。*.++:.♯:.♪+.。*.+:.♯:.♪+.。*.+:.♯:.♪+.。*.+

今年も大好きな山へ行きました。

本当に美しい山です。

中でも、高く高く伸びた山桜が林立する広場があって、そこが本当にこの世ならざる雰囲気で。

風に舞い散る桜に、胸が締め付けられました。

両親と行ったのだけど、これは……何か、好きな人と来たいと思いました。なんで親や友達とではダメなのか、そういった相手を求めてしまうんだろうと不思議に思いながら、まぁでも私は切なさに浸るのが好きなのだから、私には欠けているがゆえに噛みしめることのできる本や映画や音楽があるのだから、それもいいのだ、と自分をなぐさめたのでした。

もしも好きな人とここに来れたら………それはきっと最期に流れる走馬灯のメインパートを担うことになるんだろうな。

 

って、漠然と「好きな人」と言っているけど、実のところ、恋愛とか結婚とかの状態を本気で求めているのかと言われたらそういうことでもなくて。強がりでもなくて、うまく言えないのだけど。

人を愛おしいと思う瞬間を、もっと体験したい。

その瞬間をかき集めたら孤独が癒えるんじゃないかって。

叶うとか叶わないとかそんな次元じゃなくて、ただ愛おしいという気持ちの集積だけで、いい夢見れるんじゃないかって、何か切実にそう思うのです。

6度目のライブ、後ろ向きのピアノ。

こんばんは、ArispiAですほっしぃ

今年度の目標はブログの月2回以上更新…というわけで、ずっと下書きのままだった昔の日記(何個もある)を完成させ、世に放っていきたいと思います(Ꙭ;)(過去にすがる性分なり…)

まずは1年以上時を巻き戻して2016年10月10日、新宿御苑RutoでのArispiA6度目のライブの模様から。ベース弾きの女性シンガーソングライターniro企画、その名も『生きて帰れ!』!

※niroちゃんとの馴れ初めについてはこちらの記事にて。
ラジオ、手に入る。
初オープンマイク、天国へようこそ。

+:.♯:.♪+.。*.+:.♯:.♪+.。*.+:.♯:.♪+.。*.+

『生きて帰れ!』タイムテーブル
18:00-18:30…ArispiA
18:40-19:10…池田のりあき
19:20-19:50…Racco-1000
20:00-20:30…vico(+松岡宮)
20:40-21:10…喉
21:20-21:50…niro with shila

私はトップバッターで、後ろ向きのピアノで演奏するという初の試みに挑むこととなった。

真後ろと聞いてたんだけど、行ってみたらななめ後ろくらいにピアノを移動してくださっていて、いい感じに。

ステージのど真ん中にシンセサイザーを置かれ、客席と真っ正面に対峙して歌うのがこれまでの常だったけど、緊張しまくって全く前が見れない私のような者にはむしろこの方が向いているようで、あまり緊張することなく演奏を始めることができた。

 

ところが。

本番中に別の問題が発生!
思わぬ非常事態に頭がまっしろになってしまった。

何曲目か忘れたけど、弾いているうちに椅子がどんどん後ろにずれていっちゃって、あともう少しで椅子から転げ落ちるところだったんです(Ꙭ;)

多分トークした時に中途半端に後ろに体をひねって話し、その流れで弾き始めちゃったからこのような危機的状況に陥ってしまったんでしょう。

あやうくとんだ笑い者になるところだった・・・危なかった。

姿勢を良くしたとたん床にダイブしそうだったので、猫背になってなんとか耐えてる図。

 

あ、あと、今日は後ろ向きで顔が見えないからと自分なりに考えた結果、手持ちの服の中では目立ちそうな赤いチェックの服を着て行ったんだけど、背景が赤いカーテンと赤茶色のピアノだったもんで見事にうもれ、垢抜けとは正反対、猫背も相まって遠目からだと巨大サツマイモに見えなくもない残念な結果となってしまった(Ꙭ;)
それに比べ、niroちゃんの衣装の素晴らしさときたら!

このアリス・イン・ワンダーランド的な深い水色のワンピースは赤い背景とも非常に良くマッチしていてなんともステージ映えする出で立ちだったので、夢中になってシャッターを切ったんだった。
niroちゃんのスタイルが良くて何着てもさまになるというのもあるけど、私もせめて衣装くらい素敵なものをまとわなくちゃなぁ、、と反省。。

niro with shilaも、静岡は藤枝出身ということで思わず打ち解けられたギターの女の子がクールな美形ボーイッシュですごいかっこよくて、曲の感じもこういうの何て言うんだろう、洋楽のような抑制の効いた3ピースのめちゃくちゃかっこいいロック。(音楽的ボキャブラリーに乏しくてすみません…(Ꙭ;))

 

さて、『生きて帰れ!』、この他にも主催のniroちゃんが集めたミュージシャンは皆さん、バラエティに富んだ個性的な面々だった。全ての詳細は割愛しますが、niroちゃんのブログを見るとこの日の様子がよく分かります👉https://ameblo.jp/n-i-r-o/archive3-201610.html

 

Raccoさんという、後に阿佐ヶ谷でのライブ企画に誘ってもらうことになるピアノや笛を用いたシンガーソングライターさんの番では、前衛的な客参加型パフォーマンスの一環でにろちゃんと一緒に即興で笛を吹いたり。

 

それから、自ら「魔王」と名乗る「喉(のど)」さん。自分とは真逆だけどコンセプトをガッチリ固めて音楽活動している方だったので、非常に興味深いものがあった。

目の周りを黒いアイラインで囲っていたりして、すごいオーラでちょっとビクついて話しかけられずにいたんだけど、帰り際におずおずと「あ、喉さん…今日はあ、ありがとうございました…」と話しかけたら、ファサァッと黒マントをひるがえしながらバーの椅子から颯爽と降り立ち、「ご縁があればまだどこかでお会いすることもあるでしょう。その日まで。」と、うろ覚えながらそのようなことを言い「フハハハハは」と地響きするような低音ボイスでほくそ笑んだのが、この日のフィナーレとしてやけに印象深く記憶されている。実際には喉さんは黒マントはつけてなかったのだけど、自分の目には黒マントが見えたのだ。

演じきっているな、と。私も負け猫を自称する以上、人々がくたびれた猫耳が見えると錯覚するくらいの存在になれればなと身震いしたんだった。

猫耳といえば、この日かわいすぎるハロウィン仕様の猫耳パッケージのチョコレートをいただきましてありがとうございました。。普段は日の目を見ることがないであろうカラスもカボチャもここではスターのオーラを醸し出していますね。

ArispiA

“勝ちぐせ” をつけろ

年末に立ち退いたアパート。
そこでは今時珍しく、大家さんとの交流があった。

越してきてすぐ大家さん訪問があった時は面食らったけど、一番新しく入居したのが私で、バイト暮らしのこととかも話したら不憫に思ってくれたみたいで、お寿司をご馳走してくれたりしてくれた。

すかさず突っ込んでくれるツッコミ体質の面白い人だったので、初めて会った時から盛大に私のことをいじりたおしてきて、ペースに乗せられて笑っちゃう感じで。

大家さんは、実家に帰る私を除くアパートの住人全員の部屋探しを見学から契約まで全て手伝ったそうで、それ聞いてびっくりした。ここ東京でそんなことってあるんだと。
前に一人暮らししていた所は新築マンションだったので一切そういうことはなかったけど、この築46年の家ではそういうことが起こりうるのか。。。

前回の日記で紹介したがらんどうのアパートでの演奏動画も、大家さんのご厚意でピアノの移動日だけ引越しから数日後にしてもらって、その間に撮影したんだった。

その上、大家さんが持つ静岡の別荘、どうせ使ってないからタダで使っていいよと言われ、住人全員がそのような誘いを受けた中、実際行ったのは私だけだったそうなのだけど、自分は図々しいのか、1月に喜び勇んで行ってきました。せっかくなので連休取ってパソコンを持ち込み「創作活動」の名目で6日間も。

源泉掛け流しの温泉施設のある海の見える絶景マンションとのことで!

そこに置いてあった昔の本。
タイトルが気になって思わずページをめくる。

負け猫を名乗り、自他共に負けぐせのついている自分にとってはかなりインパクトの強い言葉だった。。

“成功者は行動し、敗北者はただ夢を見る”

とか、グサァっと、きたよね。

他にもこれから生きていく上での指針にしていきたい言葉があったので、長いけど引用して終わりたいと思います。
ちょっと上から目線だけど人間愛に溢れたエルビン・フェルトナー氏の自己啓発本『”勝ちぐせ” をつけろ』から。

成功者になるには、まず自分という人間が好きでなければならないと考えてよい。自分の受けた生は、この世で何ものにも代えがたく、最大限に活かすだけの価値があり、また与えられた肉体は、生を行使するのに、きわめて適した手段だから、常にベスト・コンディションにしておくべきだ、といささかの疑いもなく信じられる人間でなければならない。

これは容易なようで、実はそうではない。無意識のうちに信じられねばならないのだが、またその無意識というのが、われわれのコントロールの全くきかない部分だからだ。まさしくここに難関が横たわっている。

残念ながら、本心では自分を嫌っている人が多い。自分では好きだと思っているが、行動が、そうでないことを示している。数え切れないほどの大人たちが、ほとんどの時間を、徐々に身を滅ぼすようなことをしながら過ごしている。有害とわかっている物質を体いっぱいにつめこんだり、肉体的な快楽にのめりこんだり、怠惰な生活で気力が萎えてしまったりという具合に。何一つ集中できず、頭がバカになっているから、自分の可能性を充分に認識することができない。

自分なんかとるに足らない人間だ、能力もないし、気が弱すぎて大きく生きることなんでできやしないという、これが負け猫の弁でなくて何だろう。何かするには、自分の行動はすべて、世界中で一番かけがえのない人間である自分のためになっている、という信念がなくてはならないというのに。こんなことでは、誰のためにもベストを尽くすことなどできるはずがないではないか。

どうしたら信念を培い、強くし、無意識をもそれに従わせることができるだろうか?自分自身に素直であることだ。本能のいうことをよくきくこと。意思に反することをするのではなく、自分が正しいと感じたことを行うこと。そして自分の内にあって、よしあしの判断をしてくれる心の声を黙らせず、それに耳を傾けること。これが大事だ。

自分を素晴らしい人間だと思えるようになってはじめて、自分のために努力するのが当たり前になる。

 

※自分への戒めとして、”負け犬” の箇所を “負け猫”に替えさせていただきました(Ꙭ;)

ArispiA