香港デモと参議院選と。

5月に訪れた香港。それからひと月も経たないうちに、香港の大規模デモがニュースを騒がせた。

200万人のデモ参加者に対し、香港の人口は約750万人。国民の4人に1人以上がデモに参加するってすごいことだなぁと思った。でも驚きはなかった。

というのも、香港に行く直前に、Netflixのドキュメンタリー『ジョシュア』を観ていたから。
2012年、高校生の少年ジョシュアが、香港政府に対して抗議デモを主導し、国中を揺るがした「雨傘運動」が起こった。
事の発端は、愛国心を養うための「国民教育」が小中学校で義務化されるとの決定だった。ジョシュア達は、これを中国当局による「洗脳」だと主張。政府庁舎前の広場を占拠したりと猛抗議の末、ついに政府を折れさせることに成功。国民教育は現在に至るまで凍結状態となったのだ。

自分たちは中国人じゃない、香港人なんだという強固な意志。
未来の香港を支える子供に対しての教育の重要性を理解していて、洗脳教育は断固受け入れられないと、若者が先頭に立って訴える国が香港なんだ、と衝撃を受けたのだった。
まだ子供のようにも見える若い彼らが一団となって政治活動に全力を捧げてる様は、青春と呼んでも差し支えない、キラキラとした情熱がほとばしっていた。

日本においても、活動家、あるいは革命家と呼ばれる人々がもっと脚光を浴びてもいいんじゃないかと思った。若者に尊敬され影響を与えているのって、日本じゃユーチューバーやインスタグラマー、ミュージシャンや漫画家や芸人やアスリートとかなんだろうか。私も正直、政治活動してる若者というと、新興宗教とか60年代の学生運動とか、どうもそういう胡散臭いイメージが取り巻いてしまう。

みんな政治にもっと積極的に関わってって、そういった発言もサラッとしてくべきなのかなという気はしてるんだけど。

が、自分自身、今の日本に対しての提言が何かあるかって考えてもズバッと出てこない。興味がないわけじゃないけど、他にもっと興味があることが山ほどあってそこまで手が回らないのが現状。

ちょっと考えて思い浮かんだもの、、アリスピア的なものをいくつか挙げるなら、、
①パチンコを廃止して、ミニシアターやライブハウス的なハコを増やす。(老若男女誰もが芸術を楽しめる国、日本!的な。駆け込み寺、逃げ場、自殺防止・犯罪防止の観点も。政府主導の映画料金引き下げも是非に!)

②宝クジ売場を有名デザイナーがプロデュースして、デザイン等刷新し、税収とする。(宝くじ売り場の場末感が景観を壊してるようで気になっていた)

③自動運転、配車サービスの推進(世界のスタンダードになると思う)

④2020年令和2年10月に消費税10%に値上げし、20年はそのまま維持する誓い。(数字のキリがよくて歴史も覚えやすいね)

とかとか。こんな風に「私はこういう政策がいいと思う」って、気軽にみんなが言い合うような流れになれば、いいんじゃないかなって。かたく考えず。それでみんなが政治に興味持って、いい案をどんどん出し合って議論が深まれば、もっと日本は面白くなっていくはずだと思う。

▲ + ▲

それでは政治家気取って、最後に目玉のマニフェストを。

不正受給やら何やらで不平不満も出てる事だし、その審査に関わる費用も莫大なものになるので、もういっそのこと生活保護廃止。それでアジア初のベーシックインカム導入。デンマークやイタリアに続いて国民全員に月7万を配っちゃう。
貧困者には、それ以外には現物支給のみ。

この制度は私が思うに、共産主義と資本主義のいいとこどりで、うまくいけば本当に日本の雰囲気が劇的に良くなると思う。子育てや年金やあらゆる問題が解決するんじゃないかという気すらする。まずもって、とりあえず食いっぱぐれる不安は無くなるので生活の為に無理して働く必要がなくなりブラック企業が淘汰される。怠けて働かない者が出てくる、ひきこもりを助長するとい反対意見もあるけど、そのマイナスよりプラス要素が上回ると思う。
それにAIが発達し労働力の代替えとなりゆく現代だからこそ有効に機能する制度かなと。
起業やイノベーションや芸術が繁栄し、みんな心に余裕ができるから幸福指数が上がり、ひいては社会に対する憎悪が原因の犯罪が減ると思うんです。
大きな災害が起こった時には、ベーシックインカムからひとり1万円くらい災害復興にあてたり。もともとタダでもらってるお金。みんなも納得し、助け合うことができる。
先日の京都アニメーション放火事件もそうだけど、あらゆる通り魔的犯行、社会に対する憎悪や鬱憤が原因となっている犯罪をどうやって防ぐべきかって考えたら、排除ではなくて全体の幸福指数をあげてく方向で考えるしかなくて。

心に余裕がないと人に優しくできないし、一人一人の冷たい対応が引き金となって精神病やうつ病を発症したりする。「搾取されてる」「不公平だ」という被害妄想、やりたくない事をやらなくてはいけない無力感、ストレス、そんなことが積み重なって、犯罪トリガーになってしまうのかなと思う。

誰もがやりたいことに挑戦できるチャンスを与えられた社会になっていってほしい

自分の才能を生かしたことを仕事やライフワークにし社会に還元し、お互いに高め合える仲間とともに人生を謳歌できる国になってほしい。

ひとり残らず。とりこぼしなく。

それが私の願いです。

絵空事とは思わずに。

…と、えらそうに書き連ねてきたけど、すみません。ずいぶん前から遠い山にいるので今回の選挙に参加できません。。とほほ ( Ꙭ)

Scroll Up